「りえ先生のペットの未来クリニック」の日誌

犬猫の皮ふ、アレルギー、耳、歯、精神科が得意な動物病院のブログです。

またまた拾い猫ちゃん

午前の診察終わってクローズしていたのですが、猫ちゃんを抱っこした女性が「みてもらえますか!?」と待合室に。

交通事故?と慌てましたがケガはなさそうです。

f:id:petnomirai:20191207152643j:image


診察してみると3ヶ月位の仔猫ちゃん。
公園で青いタオルの上で動かずじっとしていたそうです。
痩せてガリガリの男の子。


幸い熱も無く、栄養食の缶詰を温めて出すとバクバク食べました。
鼻水と結膜炎が少しあったので、飲み薬と眼薬をお出ししました。

 

拾った方は70才を過ぎてるとのことで、「この子を飼ったら長生きしなきゃー」と言うので

「高齢出産みたいなもんですから、この子おいて死ねませんよ!長生きして下さいね!」と応援させていただきました!!

f:id:petnomirai:20191207152726j:image

お腹いっぱいになったら安心したのか、帰る時にはもうスヤスヤ眠っていて…

f:id:petnomirai:20191207235002j:image

可愛すぎる仔猫ちゃん!!

元気に大きくなってね。

シマシマ模様の拾い猫さん

f:id:petnomirai:20191206011116j:image

近くの交差点の植え込みで動けなくなっている猫を見つけて放っておけないと、当院の飼い主さんが拾って連れて来てくれました。

 

歯が一本もなく推定年齢13歳。

 

この飼い主さんのお家にはブリティッシュショートヘアのルナちゃん、ナミちゃんがいるので、病気がうつるのを心配していましたが、血液検査でウィルスも病気もないことが判明。

一安心です。

 

様子からみて外猫さんだったようですが…

視力が殆んどないみたいで、動けなくなったのでしょう。

 

名前はシマちゃんに決定!

 

「お腹減ったぁ、寂しい〜」とすぐに鳴いて呼ぶので一緒に寝てあげたいけど、ルナちゃんとナミちゃんがいるのでどうしようかなぁと言ってた飼い主さん。

優しい飼い主さんに見つけてもらって良かったですね。

耳がこんなになる迄の前兆は?


f:id:petnomirai:20191204182005j:image

これはコッカースパニエルの5歳の耳です。

耳のオトスコープ治療法は、栃木県動物の耳の病院をされてる臼井先生が発案した治療法です。

特に重症化しやすいコッカースパニエル。

手術にまでいってしまう子が多くて何とかしてあげたいとおっしゃっていました。

 

当院の予防歯科や避妊去勢手術など様々な治療で麻酔をかけた、生後一ヶ月から20歳までのワンちゃん達で耳にトラブルのあった子は70パーセントくらいです。

症状は外耳炎から鼓膜の破れている中耳炎までいろいろです。

 

犬で耳の悪い子のサインは

 

手を舐める

首や肩を時々かく

首を振る

目やに、涙焼け


f:id:petnomirai:20191204183754j:image

さて、これに当てはまらない犬ってどれ程いるでしょうか?

 

オトスコープ治療をして耳が治ってみると飼い主さんは

「あれ?アレルギーじゃなかったんだね」

「最近手を舐めてるし、涙焼けが始まったから耳の調子悪いかも」

「散歩で会うワンちゃん、どうも耳が悪そうなの…」

 

などなど、

耳のオトスコープをされてない、殆んどの獣医さんにも分からない「ナイスな指摘と診断」をしてくれます。

 

他所で言うと「犬が首ふるなんて普通でしょ?」という雰囲気に…

獣医さんにも「え?」と言われてしまいます。

 

当院で飼い主さん達と共に見つけた耳の悪い兆候…大きな声で堂々と言ってわかってもらえる日を目指しています。

 

このワンちゃんも手術を避けられるように全力で治療させていただきますね!